基本情報

【ボラカイ島の閉鎖問題】現在は驚くほど綺麗なビーチを満喫できます

【ボラカイ島の閉鎖問題】現在は驚くほど綺麗なビーチを満喫できます

・ボラカイ島は閉鎖されていたようだけど、もう行っても大丈夫なのかな?

・そもそもなんで閉鎖されたんだろう?

・ボラカイ島の閉鎖が終わったいまの状況はどんな感じ?

こんな疑問にお答えします。

 

こんにちは、ボラカイ島在住ライターのキムラタクヤ(@Takuya_3003)です。

今回は、世界有数のビーチリゾート地であるフィリピン・ボラカイ島の閉鎖問題についてお話します。

ボラカイ島は2018年4月から同年10月まで約半年間、環境保全のために閉鎖されていました

この情報を知っている人は「閉鎖が終わってからまだ1年も経っていないけど、観光を楽しめるのかな?」と疑問に思っていることでしょう。

結論をお伝えすると、閉鎖期間中に対策を行なった結果、ビーチがかなり綺麗になったので、いまなら間違いなく観光を満喫できます

この記事が、ボラカイ島への訪問を考えている人の参考になれば幸いです。

ボラカイ島は閉鎖されていたけど、もう行っても大丈夫?

ボラカイ島は閉鎖されていたけど、もう行っても大丈夫?

ご覧のとおり、ボラカイ島のメインビーチである「ホワイトビーチ」はとんでもなく綺麗です。

どのくらい綺麗かというと、首元まで海水が来る位置まで行っても、自分の足元がはっきり見えるくらい

僕の身長は172cmなので、少なくとも1.5mくらいまでは透き通って見えます。

先日初めてボラカイ島の海に入ったのですが、誇張なしに、いままでの人生で見た中で、最も透き通っていた海でした。

2018年の閉鎖前には環境汚染のために一気に海が汚れてしまったそうですが、現状はゴミがまったく流れていないクリアなビーチを楽しめます

こんなに素敵なビーチが4kmも続いているのですから、海好きな人にはたまらないでしょうね。

というわけで、もう汚染問題への心配はいらないので、気になる方はすぐにでもボラカイ島に来てもらってOKです

ボラカイ島が閉鎖された理由

ボラカイ島が閉鎖された理由

そうはいっても、ボラカイ島が閉鎖された理由について気になる方もいると思うので、簡単に説明しておきます。

【ボラカイ島が閉鎖された理由】

観光客が爆発的に増えた結果、飲食店やホテルのゴミ処理が追いつかず、事もあろうに美しい海に不法投棄していたため、海の汚染が一気に進んでしまった。

ドゥテルテ大統領は当時のボラカイ島のことを「汚水溜め」と避難して、この問題を解決するために閉鎖を決定。

あまりに観光客数が増えすぎてしまい、対処できなくなってしまったようです。

ちなみにボラカイ島はフィリピンの中でもトップクラスの観光地で、2017年には13億ドル(約1400億円)もの観光収入があり、観光客数は年間200万人。

1ヶ月で約17万人、1日あたり約5,500人の観光客を受け入れていた計算になります。めちゃくちゃ多いです…。

国としてもこれだけの収入源を失いたくないでしょうから、目先の利益ではなく長期的目線で閉鎖を決断したんだろうと予想できますね。

ボラカイ島の閉鎖が終わった現在の状況

ボラカイ島の閉鎖が終わった現在の状況

上述したとおり、ボラカイ島の環境問題は既にほとんど改善されています。

環境保全のためにルールが厳しくなったので、閉鎖が終わったいまでも清潔な状態が保たれているようです。

以下は、ボラカイ島閉鎖後のルールについてのまとめです。

・1日の観光客数の上限を6,405人に

・ビーチ上でのデッキチェアやテーブルの設置、マッサージなどのサービス提供、食料・飲料の販売を禁止

・ファイアーダンスは、灯油を使うたいまつの代わりにLED照明を使用する

・ビーチ上でのパーティを禁止

➔以前はどんな感じだったのかとても気になります、、、笑

・ビーチ上での飲酒・喫煙を禁止

・全3箇所あったカジノの営業停止

・ビーチ近くにあった違法建築物を完全に取り壊し

➔約1,000件もの建物が撤去されたようです

・主な移動手段であるトライシクルを、排ガス式から電動式に変更

➔島内を走っているトライシクルのほとんどは電動式のものです。プリウスと同じくらい静か

このように、ボラカイ島全体の環境を守るために、多くの規制がされています。

そのおかげもあり、ビーチは驚くほど綺麗ですし、街中の排ガスも少なめです。

この記事を書いている2019年7月現在では、ボラカイ島の閉鎖が終わってから9ヶ月程度しかたっていませんが、この閉鎖には大きな意味があったと思います。

これから増々観光しやすい場所になっていくのは間違いないので、ボラカイ島に住んで情報発信をしている僕としては、非常に楽しみです。

ボラカイ島のおすすめ観光地

ボラカイ島のおすすめ観光地

さてここまでで、ボラカイ島の閉鎖問題は既に解決されており、観光地としての魅力がさらに高まっていることが伝わったことだと思います。

実際に観光に来てみたいという人もいると思うので、そんな人たち向けに観光情報をご紹介していきます。

ボラカイ島に来たらぜひ楽しんでほしいことは以下の6点です。

  • ダイビング
  • アイランドホッピング
  • ウォーターアクティビティ
  • 海辺のレストラン
  • マッサージ&スパ
  • リゾートホテル

ビーチで泳ぐたけでもとても楽しいですが、それ以外にも楽しめることがたくさんあるのがボラカイ島の大きな魅力です。

また、先日僕が以前滞在していたシェアハウスに住んでいる人たちが、ボラカイ島まで遊びに来てくれました。

みなさんとても満足されていたようで何よりです!

https://twitter.com/mmemoai/status/1147528182079188992

こんな感じで、夕日とビーチのコントラストも最高です。

以下の記事で、ボラカイ島での楽しみ方についてより詳しく紹介しています。あわせてご覧ください。

世界No.1ビーチリゾート 『ボラカイ島』の魅力
世界No.1のビーチリゾート『ボラカイ島』で楽しめること6選【コスパ抜群】 フィリピン・ボラカイ島ってどんなところなんだろう? フィリピン・ボラカイ島で楽しめることを知りたいな こ...

おわりに:ボラカイ島は環境保全のために閉鎖されて、いまはさらに綺麗です

おわりに:ボラカイ島は環境保全のために閉鎖されて、いまはさらに綺麗です

今回はボラカイ島の閉鎖問題についてお話しました。

半年も閉鎖されるなんて大丈夫なのかな?」と思っている人もいたかもしれませんが、この閉鎖によって環境状況が改善されたのは間違いありません。

日本人に人気のあるマニラやセブからも、数時間で来れるほどアクセスも良好なので、フィリピン来た際には一度訪れてみることをおすすめします。

記事の冒頭でも述べましたが、本当にびっくりするくらい綺麗なビーチを楽しめます。

夏休みのバカンス先として、ぜひボラカイ島への旅行をご検討ください