基本情報

ボラカイ島に住んでいる僕が、現在の状況を紹介します【ビーチ好きには最高の環境】

ボラカイ島に住んでいる僕が、現在の状況を紹介します【ビーチ好きには最高の環境】

こんにちは、ボラカイ島在住ライターのキムラタクヤ(@Takuya_3003)です。

今回は「2018年に観光規制されていたボラカイ島の現在の状況」をテーマに記事を書きます。

ボラカイ島はアメリカの旅行雑誌「トラベル+レジャー」により、世界で最も美しい島と選ばれたことがある、トップレベルのリゾート地です

しかし、急激な観光客の増加により島内やビーチの汚染が進んでしまい、2018年4月から10月までの半年間、観光規制がかかってしまいました。

当記事では、長期間の観光規制が終わったあとのボラカイ島の現在について、実際にこの島に住んでいる僕の視点からお伝えしていきます

ボラカイ島の現在の様子について、結論をお伝えすると「観光地としては十分に楽しめるけど、長期滞在は辛いかも」という印象です。

それでは掘り下げて見ていきましょう。ボラカイ島への観光を検討してい方は必見です。

ボラカイ島の現在の状況は?

ボラカイ島の現在の状況は?

観光規制がされていたという背景から、ボラカイ島の現在の様子を心配している人も多いと思いますが、現在はまったく心配いりません

思う存分観光を満喫できるので、安心してください!

ボラカイ島で最も有名なスポットであるホワイトビーチも、その美しさを取り戻しています。

このビーチは全長4km以上もあるため、人気なリゾート地ながらゴミゴミしている様子が一切ありません。

ビーチや海もまったく汚れておらず、顔が海水に浸かるくらいのところまで行っても、足元がはっきりと見えるくらいの透明感です。

これほどまでに綺麗な海が存在しているのは、2018年に行われた観光規制のおかげだといえます。

※ボラカイ島の観光規制については、以下の記事でより詳しく紹介しています。

【ボラカイ島の閉鎖問題】現在は驚くほど綺麗なビーチを満喫できます
【ボラカイ島の閉鎖問題】現在は驚くほど綺麗なビーチを満喫できます ・ボラカイ島は閉鎖されていたようだけど、もう行っても大丈夫なのかな? ・そもそもなんで閉鎖されたんだろう? ・ボラカ...

この規制が終わった後の現在は、日本では見ることができないような広大で透き通ったホワイトビーチを満喫できるので、海好きの方にはたまらないことでしょう。

またビーチ沿いには多くの飲食店やお土産屋さんが並んでいて、昼夜問わずにぎわっています。

海沿いのレストランで、心地よい海風にあたりながら、真っ白なビーチと澄んだ海を同時に満喫できるのが、ボラカイ島最大の魅力でしょう。

以下の記事では、ボラカイ島での観光の様子をまとめています。この記事を読めば、この島での楽しみ方が一発でわかるので、ぜひご一読ください

【ボラカイ島観光】1泊2日の弾丸ツアーでも十分満喫できます【総額約24,500円】
【ボラカイ島観光】1泊2日の弾丸ツアーでも十分満喫できます【総額約24,500円】 ・ボラカイ島の観光地はどんな感じなんだろう? ・実際に観光している様子を見てみたいな ・ボラカイ島を観光するには、ど...

ボラカイ島の現在の問題点

ボラカイ島の現在の問題点

ボラカイ島は観光地として魅力的な島ですが、記事の冒頭でお話したとおり、長期間住むのには適していません

理由は以下のとおり。

・インターネットが遅い

・道路の水はけが悪く、雨が降ると歩きづらい

・東南アジアのわりに、物価が高い

それぞれ説明していきます。

インターネットが遅い

僕はこの記事を書いている時点で、ボラカイ島に来てから1ヶ月以上経っているのですが、どこに行ってもネット環境が悪いです。

レストランやカフェ、ホテルのWiFiなどをいくつも試しましたが、パソコンを使って仕事をする人にとってはストレスが溜まるくらいの遅さです

YouTubeやNetflixでの動画鑑賞も、最低画質でなんとか見れるかなといった具合。画質を最低まで落としてもまともに見れないことも多いです。

下記はボラカイ島のカフェで作業をしているときのTweetです。

https://twitter.com/Takuya_3003/status/1143081387546701825

最寄りのカフェに来ましたが、やはりセブ島に比べて高いですね。1.3倍〜1.5倍くらいのイメージ。
そしてWiFiは激遅なので、まずはカフェ開拓から始めないとですね🙄

日本に比べたらもちろんですが、同じフィリピンのセブ島に比べてもかなり遅いです。

インターネットがないと仕事ができない僕にとっては、致命的な問題ですね…

そもそもお店のWiFiが繋がらないことも頻繁にあるので、普段はスマホのテザリング(インターネット共有)機能を使って作業をしています。

その状態で半日ほど作業すると、1日のデータ利用可能量に達してしまうので、やはり快適とはいえません。

また現在、家賃5万円程度の部屋に住んでいるのですが、そこのWiFiも良好とはいえません。

解決策としては、もっと高いお金を払ってネット環境が良い家かホテルに暮らすことでしょうか。

お金に余裕があるノマドワーカーの方は、その選択でもいいかもしれません!

しかし学生の僕にはキツいので、ほかの解決策を検討しているところです…。

道路の水はけが悪く、雨が降ると歩きづらい

ボラカイ島に来る前から、道路の状態がよくないという話は耳にしていたのですが、悪い意味で想像以上でした。

フィリピンは現在雨季のため、頻繁に大雨(スコール)が降るのですが、その度に道路が冠水しています(笑)。

ちょっと歩くとズボンに泥跳ねがついて、あまり汚れが気にならない僕でも、気にしてしまうレベルなので、きれい好きな人には厳しい環境です。

実際に雨が上がったあとの道路の写真を貼っておきます。

道路の水はけが悪く、雨が降ると歩きづらい

水たまりというより『池』ですね。

ただ下記のTweetのとおり、道路の工事を各地で行っているため、1年後にはかなり改善されているのではないかと予想されます。

https://twitter.com/Takuya_3003/status/1149355507812982784

帰り道の道路のコンクリがめくられてました。昼間通ったときは何もなかったので、12時間前後での早業。ボラカイ島の道路は水はけが壊滅的に悪いので、その点とインターネット周りのインフラが整えば完璧なリゾート地になると思います。

東南アジアのわりに、物価が高い

ボラカイ島は、フィリピンの中でもトップレベルで物価が高い地域として知られています

観光に力を入れている島なので、そうなるのも当然ですね。

参考までに、物価の例をいくつか掲載しておきます。

500mlの水……25ペソ(約52円 ※2019年7月現在)

カフェのコーヒー……150ペソ(約330円)

マクドナルド……150ペソ(約330円)

ローカルレストランで食事……60ペソ(約130円)

観光客向けレストランで食事……300ペソ(約630円)

日本に比べたら安いですが、フィリピンにしては高いです。

ボラカイ島と同じく観光地として人気なセブ島の、1.5倍くらいの物価感かなと。

一番の問題はインターネットの遅さ

この3つの中で、一番の問題はネット環境の悪さです。

上述しましたが、僕は主にパソコンで記事を書くことにより収入を得ているので、ネット回線の遅さが収入の低下に直結します。

作業中にインターネットの接続が悪いと、どうしても集中が切れてしまいがちですし、そもそも効率がよくありません。

結論として、パソコンがないと仕事ができないノマド的な働き方をしている人に対しては、ボラカイ島への長期滞在はおすすめできないです。

観光地としては、とてもいいところなんですけどね。海も綺麗ですし、大通りから外れれば空気も綺麗なので。

 

さて、デメリットを多く書いてしまいましたが、あくまで現地で生活する上での大きなデメリットを紹介しました。

何度も繰り返しますが、観光に来る分には素晴らしい島なので、ぜひ遊びに来てください!

ボラカイ島への行き方

ボラカイ島への行き方

ボラカイ島へは、フィリピンのマニラ・セブ(マクタン)から飛行機で行きます。

到着までの流れとしては以下のとおり。

1.マニラ・セブ➔カティクラン空港
所要時間:1時間

2.カティクラン空港➔港(空港側)
所要時間:15分

3.港➔ボラカイ島
所要時間:15分

ボラカイ島には空港がないので、パナイ島にある港から船で移動する必要があります。

全体の所要時間として2時間前後で済むので、アクセスはそこまで悪くありません

より詳しい移動方法は、以下の記事内で解説していますので、あわせてご覧ください。

世界No.1ビーチリゾート 『ボラカイ島』の魅力
世界No.1のビーチリゾート『ボラカイ島』で楽しめること6選【コスパ抜群】 フィリピン・ボラカイ島ってどんなところなんだろう? フィリピン・ボラカイ島で楽しめることを知りたいな こ...

ボラカイ島で楽しめること

ボラカイ島で楽しめること

世界トップクラスのリゾート地であるボラカイ島で楽しめることは、大きく分けて以下の6点です。

・ダイビング

・アイランドホッピング

・ウォーターアクティビティ

・海辺のレストラン

・マッサージ&スパ

・リゾートホテル

ボラカイ島のおすすめポイントは、きれいなビーチ・海を楽しめることなので、それに関連したアクティビティが人気です

島全体がのんびりとした雰囲気なので、日々の疲れを癒やしたい人にもおすすめできます。

それぞれの詳細は、以下の記事でまとめています。

世界No.1ビーチリゾート 『ボラカイ島』の魅力
世界No.1のビーチリゾート『ボラカイ島』で楽しめること6選【コスパ抜群】 フィリピン・ボラカイ島ってどんなところなんだろう? フィリピン・ボラカイ島で楽しめることを知りたいな こ...

ボラカイ島のおすすめの宿泊先

ボラカイ島のおすすめの宿泊先ボラカイ島のホワイトビーチまで徒歩30秒の「8Colors Beach House」

ボラカイ島の宿泊先としておすすめなのは、8Colors Beach House(エイトカラーズ ビーチハウス)というホテルです。

5人で宿泊できる部屋に5,600ペソ前後(約12,000円)で宿泊できるので、一人あたり2,400円程度で済みます。

下記はこのホテルの所在地です。

ボラカイ島のメインビーチであるホワイトビーチまで、徒歩30秒で行ける最高の立地なので、海を満喫したいという人にはうってつけです。

予約は「Booking.com」からがおすすめです。

おわりに:ボラカイ島は現在でも楽しめますが、まだまだ発展途上です

おわりに:ボラカイ島は現在でも楽しめますが、まだまだ発展途上です

今回はボラカイ島の現在の状況についてお伝えしました。

まとめると、

・観光地としてはとても楽しめる

・ビーチが好きな人におすすめ

・アクセスもそこまで悪くない

・ただ、インフラが整っておらず、長期滞在は辛いかも

といった具合です。

いずれにせよ、観光に来たら間違いなく楽しめる島なので、フィリピンに訪れた際にはぜひボラカイ島へ来ることも検討してみてください!

世界No.1ビーチリゾート 『ボラカイ島』の魅力
世界No.1のビーチリゾート『ボラカイ島』で楽しめること6選【コスパ抜群】 フィリピン・ボラカイ島ってどんなところなんだろう? フィリピン・ボラカイ島で楽しめることを知りたいな こ...