観光

【ボラカイ島観光】1泊2日の弾丸ツアーでも十分満喫できます【総額約24,500円】

【ボラカイ島観光】1泊2日の弾丸ツアーでも十分満喫できます【総額約24,500円】

・ボラカイ島の観光地はどんな感じなんだろう?

・実際に観光している様子を見てみたいな

・ボラカイ島を観光するには、どれくらいの費用が必要なのかな?

こんな疑問にお答えします。

 

こんにちは、ボラカイ島在住ライターのキムラタクヤです。

先日僕の元シェアメイト(セブ島のWORKROOMの人)たちが、ボラカイ島まで観光に来てくれました。

そこに僕もちゃっかりお邪魔して、1泊2日でボラカイ島を満喫したので、今回をそのときの様子を記事にしていきます

ボラカイ島への観光を検討している方の参考になれば幸いです!

ボラカイ島観光にかかる費用【1泊2日】

ボラカイ島観光にかかる費用【1泊2日】

記事のタイトルにも書いてあるますが、今回のボラカイ島観光でかかった費用の総額は、一人あたり24,500円です。

以下はその内訳。

航空券(セブ島から) (およそ)10,000円
宿泊費 3,000円
食費 4,000円
アクティビティ 5,500円
交通費 2,000円
合計 約24,500円

※1ペソ2.1円換算(2019年7月時点)

世界有数のリゾート地を2日間満喫してもこのお値段です。

日本から来る場合には航空券の関係で、この倍以上はかかってしまうでしょうが、セブ島に観光や留学で来ている人からしたら、かなりお手頃な値段で来れてしまいます。

この記事を読んでいる人の中には「2日間で2万円以上もかかるのは少し高いな…」と思う人もいるかもしれないので、ここからはこの2日間のボラカイ島観光の内容を、詳細に記していきます。

記事を読み終わるころには、きっとあなたもボラカイ島へ訪れたくなっていることでしょう!!

ボラカイ島観光スケジュール

ボラカイ島観光スケジュール

まずは2日間のタイムスケジュールをまとめていきます。

【1日目】9:00 ボラカイ島到着
10:30 アイランドホッピング(島巡り)開始
11:30 ランチビュッフェ
13:00 海のど真ん中でシュノーケリング
15:30 本島に戻りおやつタイム
17:00 ホワイトビーチで泳ぐ
18:30 サンセットを満喫
19:00 ディナー
20:30 ファイヤーダンスの人と記念撮影
21:00 ナイトマーケット巡り
22:00 ホテルで部屋飲み
0:00 解散&就寝

こうして振り返ってみると、1日の間でかなり詰め込んでますね。

ただ、忙しない感じはまったくせず、終始ゆったりとした時間を過ごせていました。

続いて2日目です。

【2日目】8:00 起床
9:30 ジェットスキー
11:00 絶叫マシン
12:00 海辺でランチ
13:00 解散

みなさん15時過ぎのフライトで戻るとのことだったので、お昼を食べて解散しました。

それでは上から順に、それぞれ紹介していきます。

【ボラカイ島観光1日目】9:00 ボラカイ島到着

【ボラカイ島観光1日目】9:00 ボラカイ島到着

ボラカイ島には空港がないので、島に訪れるためには、まず最寄りの空港であるカティクラン空港(ゴードフレード P.ラモス空港)に行く必要があります。

ここで空港からボラカイ島へのアクセス方法を簡単に説明しておきます。

・マニラ/セブ島(マクタン)経由でカティクラン空港まで移動(3時間)

➔飛行機に乗っている時間は1時間程度ですが、搭乗手続きや待ち時間を含めると3時間前後かかります

・カティクラン空港から港まで移動(15分)

➔空港を出てすぐのところにいる、客引きにホテル名を伝えれば、500ペソで宿泊先まで送ってくれます

・港からボラカイ島まで移動(15分)

➔ガイドの案内にしたがっていけば問題ありません

・ボラカイ島から宿泊先まで移動(30分)

➔ボラカイ島に到着したらトライシクル(3輪バイク)で宿泊先まで送ってくれます

マニラ・セブ島からボラカイ島へ向かう場合、それぞれの空港から4時間前後でボラカイ島の宿泊先まで到着します

日帰りだと少し厳しいですが、今回のように1泊2日であれば十分に楽しめる距離感です。

ボラカイ島へのアクセスについてもう少し詳しく知りたい方は、以下の記事で写真付きで説明していますので、あわせてご覧ください。

世界No.1ビーチリゾート 『ボラカイ島』の魅力
世界No.1のビーチリゾート『ボラカイ島』で楽しめること6選【コスパ抜群】 フィリピン・ボラカイ島ってどんなところなんだろう? フィリピン・ボラカイ島で楽しめることを知りたいな こ...

【ボラカイ島観光1日目】10:30 アイランドホッピング(島巡り)開始

https://twitter.com/Takuya_3003/status/1147337501486399488

アイランドホッピングに行ってきます!よい天気です☀️ 僕が合流してから少し曇ってきた気がします😇

※僕はよく雨を引き寄せます

宿泊先に荷物を置き、ボラカイ島のメインビーチである「ホワイトビーチ」へ行くと、すぐに客引きのおっちゃんから声をかけられました。

イラストで説明してくれているおっちゃん「アイランドホッピングってどこに行くの?」という質問に対して、砂浜に絵を書いて説明してくれています。

今回は5人で観光しており、価格は一人当たりランチ込みで2,000ペソ(約4,200円 ※2019年7月時点)と言われたのですが、適正価格よりも大分高い気がしたので、交渉して1,500ペソまで下げてもらいました。

恐らく相場はボート1台3,000ペソ、ランチ5人分で1,500ペソの合計4,500ペソくらい。粘れば一人当たり1,000ペソくらいまで下げられそうな雰囲気でしたが、観光客プライスということで納得しました。

ボラカイ島からパナイ島へボートで移動
緑いっぱいの島です
ブタ🐷
ヤギ。ヒツジだー!と喜んでいる人もいました🐑

船を出して30分ほどでパナイ島に着きました。まずはここでランチです。

【ボラカイ島観光1日目】11:30 ランチビュッフェ

https://twitter.com/Takuya_3003/status/1147349218090090496

ランチブュッフェ🍽300ペソ(約620円)で食べ放題です。真昼間から飲むビールは格別ですね😌

お店の看板には300ペソと書いてありましたが、僕たちは事前に600ペソ払っております。観光客プライス。

お腹を満たした次は、いよいよ海へ泳ぎに行きます。

【ボラカイ島観光1日目】13:00 海のど真ん中でシュノーケリング

船の上から。良いリフレッシュです👐

ボートで人が少ない場所まで行き、延々とシュノーケリングを満喫しました。

僕は冷たいのが苦手なのでほとんど入ってませんが、ボートでぼーっとしているだけでも息抜きになったので満足です。

シュノーケリング

めちゃめちゃ透き通ってますね。海の中の写真をお届けするためにGoProが欲しいです…。

シュノーケリング楽しそうに泳いでいます

海を十分満喫してボラカイ島へ戻ります。

この記事を書いてて思ったのですが、島巡りしてませんね。ランチを食べに別の島に立ち寄っただけで、あとは海をフラフラしていました。

まあ、ボートに乗って海風を切りながら移動してるだけで楽しいので、ボラカイ島に来たら必須アクティビティのひとつかなと思います。

【ボラカイ島観光1日目】15:30 本島に戻りおやつタイム(CHACHA’S BEACH CAFE)

【ボラカイ島観光1日目】15:30 本島に戻りおやつタイム(CHACHA'S BEACH CAFE)

アイランドホッピングを終え、海辺のカフェでひと息しております。この後はちょっと仕事をしないとならないので、2時間ほど作業します。完全オフ日もたまには作りたいので、計画的に進めていきたいなと🤔

海に入りカロリーを消費したので、みんなすぐに腹ペコになり海辺のカフェ「CHACHA’S BEACH CAFE」に行きました。

フレッシュサラダ。スイカが乗ってます
春巻き
オシャレな焼き鳥
めちゃくちゃカロリー高そうなスポンジケーキ
カクテル。何味かは忘れましたが、思いのほかアルコール度数強めでした
メロン味のカクテルメロン味のカクテル

どれもとても美味しく、特にデザートとして頼んだスポンジケーキは、みなさんに大好評でした。

一人当たり450ペソ(920円)くらい。とてもお得です。

【ボラカイ島観光1日目】17:00 ホワイトビーチで泳ぐ

ボラカイ島の最も有名なスポットとして、4km以上にも及ぶホワイトビーチがあるのですが、ただ長いだけではなく水質もかなり綺麗です。

ここまで透き通っている海を人生で初めて見て、柄にもなく興奮しておりました。

海好きの人だったら間違いなく楽しめるので、この海を見るためだけにボラカイ島に来てもいいんじゃないかなと思うくらいです

Theホワイトビーチ

【ボラカイ島観光1日目】18:30 サンセットを満喫

https://twitter.com/Takuya_3003/status/1147452482068439041

え、綺麗すぎん??😂

あいにくの曇り空ですが、驚くほど美しいサンセットを拝めました。

【ボラカイ島観光1日目】18:30 サンセットを満喫感動的なほどに綺麗なサンセット

https://twitter.com/mao_ws/status/1099255550582243328

また、ベストコンディションなときには、これくらいカラフルな空を楽しめるようです。

ゲームの世界に飛び込んだくらい幻想的ですね。

【ボラカイ島観光1日目】19:00 サニーサイドカフェでディナー

【ボラカイ島観光1日目】19:00 サニーサイドカフェでディナー

ボラカイ島の中にあるレストランの中でも特に有名で、トリップアドバイザーのランキングトップ10に入る「サニーサイドカフェ」でディナー。

食事のペースが早すぎる気がしますが、みんな泳いでカロリー大量に消費しているので仕方なしです。

チキンとガーリックライス
チーズマカロニとパン
甘いお米?食べ逃したのでわかりません…
マンゴーパンケーキ
見た目が毒々しいパンケーキ。味はとても美味しかったです
パンケーキ。と思わせておいてのお好み焼き

どれも美味しかったです。ボラカイ島のレストランは、いまのところハズレなしですね。どこで食べてもレベルが高い。

一人当たり400ペソ(約820円)くらいだったので、コスパ良好です。

【ボラカイ島観光1日目】20:30 ファイヤーダンスの人と記念撮影

【ボラカイ島観光1日目】20:30 ファイヤーダンスの人と記念撮影一応顔は隠しておきます。雑でスミマセン

お腹も満たされたところでホテルに戻ろうとしたところ、ファイヤーダンスをしている人がいたので記念撮影。

ちなみにビーチからちょっと離れたステージ上でやっています。2018年の観光規制をきっかけに、できる場所が限られてしまったのだと予想。

撮影料に20ペソかかりましたが、迫力満点なのでおすすめです(僕は体験してない)!

※ボラカイ島の観光規制については、以下の記事で詳しく説明しています。

【ボラカイ島の閉鎖問題】現在は驚くほど綺麗なビーチを満喫できます
【ボラカイ島の閉鎖問題】現在は驚くほど綺麗なビーチを満喫できます ・ボラカイ島は閉鎖されていたようだけど、もう行っても大丈夫なのかな? ・そもそもなんで閉鎖されたんだろう? ・ボラカ...

【ボラカイ島観光1日目】21:00 ナイトマーケット(D’Mall)巡り

【ボラカイ島観光1日目】21:00 ナイトマーケット巡りD’Mallの一角にあるバスケコーナー。写真これしかなかったので後日追加します

ボラカイ島の有名スポットのひとつに「D’Mall」と呼ばれる商業エリアがあります。

ここでは飲食店やお土産屋さんが所狭しと並んでいるので、お腹が空いたらふらっと立ち寄る場所としておすすめです。

ちなみに僕は、この時間みなさんの泊まるホテルに勝手にこもって、仕事をしていました。

【ボラカイ島観光1日目】22:00 ホテル(8Colors Beach House)で部屋飲み

https://twitter.com/Takuya_3003/status/1147399078591909889

本日みなさんが泊まるホテル。めっちゃ綺麗です👐

この日みなさんが宿泊したのは「8Colors Beach House」というホテルです。

一部屋5,600ペソなので、4人で割ると1,400ペソ(約3,000円)。綺麗で立地が抜群の割にとても安いです。

ホワイトビーチまで徒步30秒なので、海好きには最高の立地です。おすすめの宿泊先を聞かれたら、このホテルを推そうと思います。

ちなみに予約は「Booking.com」でしたそうです。

【ボラカイ島観光1日目】0:00 解散&就寝

【ボラカイ島観光1日目】0:00 解散&就寝

2時間くらいお酒を飲みながらダラダラした後に、飲み足りなかった人たちで夜のビーチに繰り出すことに。

シーシャシーシャです。普段タバコを吸わない人はむせていました

シーシャ(水タバコ)が吸える「WAVE」というバーで飲んでいるうちに流れ解散となりました。

結局僕は3時くらいまでここでお酒を飲んだ後に、なぜかマクドナルドへ行き、明け方5時に帰宅しました。

ボラカイ島のマックフルーリーも美味しかったです。

【ボラカイ島観光2日目】8:00 起床

https://twitter.com/Takuya_3003/status/1147671189914914816

おはようボラカイ☀️
本日はジェットスキーをしてきます。昼過ぎには終わるので、夕方からはまたしばらく、作業の日々に戻ります。
サクッとビーチで息抜きできるの、控えめに言って最高ですね😌 ※雲行きが怪しいです

2日目は朝からジェットスキーに行く予定だったので、早めの起床です。

※夕方から作業すると言っていますが、帰宅後爆睡してしまい、起きたら夜の8時でした。

タホフィリピンのローカルフードであるタホ。豆腐の上にタピオカと黒蜜をかけていただきます

朝食に「タホ」と呼ばれるフィリピン料理を食べ、エネルギーを補給した後に、ジェットスキーをしに行きます。

【ボラカイ島観光2日目】9:30 人生初のジェットスキー

https://twitter.com/Takuya_3003/status/1147681277035741191

これ運転します。かっこいい…
#ボラカイ島

人生で初めてジェットスキーに乗りました。

【ボラカイ島観光2日目】9:30 人生初のジェットスキーかっこいい…
うねっている感じがひたすらにかっこいいです

2台レンタルして、1台当たり30分で3,000ペソ。4人で割ったので、一人あたり1,500ペソ(約3,200円)です。

僕は日本でバイクに乗るので、100kmくらいのスピードなら耐性があるはずなのですが、ジェットスキーでは30km出しただけでビビりまくりでした。

なかなかに刺激の強い体験でしたが、その分とても楽しかったので、経験したことのない人はぜひ一度乗ってみてください。

【ボラカイ島観光2日目】11:00 絶叫マシン「G-MAX」搭乗

【ボラカイ島観光2日目】11:00 絶叫マシン「G-MAX」搭乗

https://twitter.com/Takuya_3003/status/1147714110743699461

男気じゃんけんに勝ってしまったので、絶叫マシンに乗ってきました😇 ジェットコースターの類に乗れない僕にとっては生きた心地がしなかったです😇😇

僕はジェットコースターに乗れないくらい絶叫マシンが苦手なのですが、上記のとおりじゃんけんに買ってしまったので、得体の知れないマシンに乗るはめになってしまいました。

誓約書にサインをします。「怪我しても誰も責任取らないよ」と書いてあります
【ボラカイ島観光2日目】11:00 絶叫マシン「G-MAX」搭乗

これがデフォルトのポジションで、

【ボラカイ島観光2日目】11:00 絶叫マシン「G-MAX」搭乗

ものすごい勢いで発射されます。マジで生きた心地がしなかった…。

以下のTweetから動画を観てもらえると、このマシンの頭の悪さ(いい意味で)が伝わると思います。

絶叫マシンで初めて絶叫しました。もう二度と乗りません。

一応トリップアドバイザーにオススメされているようです

複数人で乗る場合、一人あたり1,500ペソ(約3,200円)。普通に高いです。

【ボラカイ島観光2日目】12:00 海辺のレストラン「Haven Bistro」でランチ

【ボラカイ島観光2日目】12:00 海辺のレストラン「Haven Bistro」でランチお店の写真を取り忘れていたので、代わりにビーチの写真を掲載しておきます

今回の観光最後の食事です。やはり何を食べても美味しい。

カルボナーラパスタ。これが今回の旅中に食べた料理の中で一番おいしかったです
シーフードパスタ
イカリング。ちょっと量が少なかったです
マンゴーピザ。マンゴーとチーズの組み合わせが思いのほかグッド
シシグピザ。ローカルフードのシシグ(豚の顔の肉を炒めたもの)とピザの相性が抜群でした

お値段一人あたり450ペソ(920円)くらいなので、このお店もリゾート地としてはかなりお手頃ですね。

個人的なおすすめは、カルボナーラパスタです。

僕はパスタを頼むとしたらカルボナーラしか頼まないのですが、いままでで間違いなくトップ3入るレベルでした

ほかの人いわく「ソースだけ缶詰にして持ち帰りたい」だそうです。完全に同意。

【ボラカイ島観光2日目】13:00 解散

【ボラカイ島観光2日目】13:00 解散別れの寂しさを夕日で表現しています。写真撮り忘れてました

ランチ後に少しお土産をみて、みなさんセブに帰ってしまいました。

僕も一緒に帰ろうかと悩みましたが、まだボラカイ島に来てから2週間しか経っていないので、思い留まりました。

今回来てくれた4名は、みんなボラカイ島での観光を満喫していて、終始テンション上がりっぱなしでした。僕としても嬉しかったです。

https://twitter.com/mmemoai/status/1147723509272965121

満足度高め。

おわりに:ボラカイ島観光は1泊2日でも十分満喫できます

おわりに:ボラカイ島観光は1泊2日でも十分満喫できます

今回は、ボラカイ島の観光情報をお伝えしました。

僕としても、ボラカイ島に来てから初めてガッツリ観光したので、ただただ楽しかったです。

日本国内やセブ島の旅行に比べて、費用は少し高くなってしまうかもしれませんが、その分満足のいく観光ができると思います。

ビーチ好きもそうじゃない人も楽しめることが盛りだくさんなので、フィリピンに来た際には、ぜひボラカイ島へお立ち寄りください!